グルメ ホームページを作れない人はツールを使う! - LOG NET
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 未分類
  4. » ホームページを作れない人はツールを使う!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ホームページを作れない人はツールを使う!




ウエブの専門家でナイ人は、ホームページで情報発信を簡単に出来ナイ。
だから、
無償ブログサイト(情報発信ツール)を使って伝えたい情報を発信する。誰かが、ウエブの専門家でナイ人にツールを提供して出来ナイことを完了するようにしている。個人レベルでは、無償ブログサイトでこと足りるのだが法人サイトではそれが出来ナイ。
自社でホームページを制作出来ん企業は、ウエブ制作企業やウエブデザイナーに依頼する。
もし、
自社で情報発信のためのツールを自由に使えるようになれば、ホームページの使い方も変わってくるのではナイだろうか。時代の異変はものすごい勢いでやってきている。国内だけでは、その異変が肌で感じられナイかもしれナイ。海外では、情報発信ツールをいかに使うかで時刻とコストが発生している。
TwitterやFacebookは、個人と法人の境を無くし始めている。そのルートは、インターネットそのものに在るのかも知れナイ。インターネットに在る情報発信ツールを上手く使える人は、上手く使えナイ企業を上回る程度の情報発信パワーと顧客動員力を持てる。
個人に情報発信ツールを与えれば、その使い方次第で法人企業のサイト以上の力を発揮する。その個人が仮に中小企業であれば、大企業のサイトを上回る程度の情報発信パワーを持つことになる。
ポータルサイトは、法人企業が作っていた。今は、個人でもポータルサイトを作れる。後は、ポータルサイトでどのような情報を発信しているかだ。
コンテンツの切り口と情報の絞込みで法人組織がつくる情報ポータルサイトよりも価値が在るポータルサイトを個人が作れる時代になっている。
つまり、競争は最終的に組織にいる個人と組織に属さナイ個人との戦いで在る。どこに価値を見出すかでポータルサイトで作り込む情報に価値が生稀る。
ツールさえあれば、後は、コンテンツの勝負で在る。
日本の経済は、中小企業に負担を負わせる。人、物、金銭、情報発信ツールで中小企業が唯一対抗完了するのは、情報発信ツールを使ったコンテンツで在る。
質の良いコンテンツ(情報)を沢山持っている中小企業は大企業よりも多いだろう。ただ、その情報をうまく発信できていナイだけで在る。さらに、あまりコストを掛けずに情報をたくさん発信完了するツールを持っていナイからで在る。
米国の中小企業や起業家は目的にあった情報発信ツールを探してからビジネスをはじめる。国土が広い米国では、インターネットで如何にして情報を伝えるかで生存が決まってしまう。
もう、米国やヨーロッパで手で作成するホームページで情報発信している中小企業は少ナイのではナイだろうか。何らかの情報発信ツールを使って自分たちが出来ナイことを出来るようにしている。ホームページのツールは、ブログからCMSに移ってきている。
CMSにも色々在る。自分にあった情報発信ツールを見つけて出来なかった事を完了するようにすれば、中小企業や個人がこの不況を何とか乗り越えるチャンスを手に入れられると思う。
このコンテンツは、価値が在ると自負している企業は、ぜひっ、自社の要望に合うCMS(情報発信ツール)を使ってチャンスを掴んで頂きたい。
オープンソースJoomla CMS:吉田 憲人
関連カテゴリー記事
ホームページを作れナイ人はツールを使う!一人三役が完了するホームページあすなろBLOG
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ





銘柄パトロール(1):ファーストリテイ、グリー、トクヤマ、日本特殊塗など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120507-00000051-scn-biz




※この記事は著作権は記事元に帰属します。
スポンサーサイト

Comment

No.5 / yutakarlson [#.BcbyNME] 【調査結果】Facebookファンの顧客価値の高さとその重要性―【私の論評】何か、これって、当たり前といえば当たり前でないか?

こんにちは。結構前から、Google Siteなど提供されていて、サイトもデザインさえ拘らなければ、ワープロ感覚で作成できるようになっています。それに、facebbookページは、誰でも簡単につくることができます。

ただし、顧客価値を創造する方向性で作成し運用しなければならないです。たとえば、「いいね!」を増やすために、様々なことが行われています。これが、顧客価値を高めることに繋がれば良いのですが、インセンティブなどを用意しておき、「いいね!」ボタンを押すと、それが得られるなどというものもあります。しかし、このようにしてむやみに「いいね!」ボタンを押すように仕向けても、あまり意味はありません。顧客価値を高めることが本筋なのであって、これを軽視して、顧客の反応を増やしても意味はないということです。私のブログでは、具体的な事例をあげつつ、これを解説してみました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

2012-05/08 10:21 (Tue) 編集

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

プロフィール

Log net

Author:Log net
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム

アクセスランキング

3D球体タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。