グルメ 刃物から爆弾へ=ウイグルのテロリストは組織化し装備を強化、一連の事件は同じ組織による可能性も―香港紙 - LOG NET
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 未分類
  4. » 刃物から爆弾へ=ウイグルのテロリストは組織化し装備を強化、一連の事件は同じ組織による可能性も―香港紙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

刃物から爆弾へ=ウイグルのテロリストは組織化し装備を強化、一連の事件は同じ組織による可能性も―香港紙




写真拡大
22日、中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた爆発テロを受け、専門家らは「テロ勢力が組織化し、装備が強化されている」と懸念している。写真は22日の爆発事件現場。 2014年5月22日、中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた爆発テロを受け、専門家らは「テロ勢力が組織化し、装備が強化されている」と懸念している。香港紙・明報が伝えた。

【その他の写真】

22日にウルムチ市の市場で起きた爆発テロでは、爆発物が使われたと伝えられている。これに関して北京のニュース評論家・蒋兆勇(ジアン・ジャオヨン)氏は、「2013年10月に起きた天安門の自動車突入事件や今年4月末にウルムチ市の駅で起きた爆発事件など、自動車と爆弾が使われた事件が続発している。これらの事件から、今までの刃物による殺傷事件と異なり、明らかに装備が強化されていることがわかる。テロリストは爆弾の製造を海外から手に入れたか、海外で訓練を受けたメンバーが新疆に戻ってきた可能性が在る」と指摘した。

この、新疆社会科学院中央アジア研究所の藩志平(パン・ジーピン)所長は、「今年3月に起きた雲南省昆明市の連続殺傷事件、4月に起きたウルムチ市の駅爆弾テロ事件、そして22日のウルムチ市市場爆発事件は同じ組織によるテロ行為で在る可能性が高い。この組織を撲滅限り、同様のテロ事件は再び発生するだろう」と分析している。(翻訳・編集/内山)



「お召し列車」の運行告知は、日本の平和を知らせている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000057-zdn_mkt-ind




※当記事の著作権は記事元に帰属します。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

プロフィール

Log net

Author:Log net
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム

アクセスランキング

3D球体タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。