グルメ ロボメーカーが、中国生産に乗り出す狙い 狙いは地場企業?生産拠点も続々新設 - LOG NET
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 未分類
  4. » ロボメーカーが、中国生産に乗り出す狙い 狙いは地場企業?生産拠点も続々新設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ロボメーカーが、中国生産に乗り出す狙い 狙いは地場企業?生産拠点も続々新設




写真拡大
ロボメーカーが、中国生産に乗り出す狙い
日欧の産業用ロボットメーカーが次々と中国生産に乗り出している。
2月の春節明け、産業機械メーカー、不二越は上海近郊の張家港市で産業用ロボットの生産を開始した。もともと精密工具や油圧機器の新工場を予定していたが、昨夏から中国でのロボット需要が本格的に拡大してきたことを受け、溶接ロボットや搬送ロボットの生産を決めた。
本間博ご主人ボスは「3年程度前から(ロボットの)中国生産を脳味噌使って答えを出していた」と話す。初年度の生産は1500台。2015年には3000台に拡大する。今年度の中国での販売台数を前期比約7割増に引き上げる。
産業用ロボット大手の安川電機も6月に上海近郊でロボット工場を稼働する。「溶接を中心とした需要が高い」(同社)ことから、得意とする「アーク溶接ロボット」を中心に生産する。この他川崎重工業もロボットの中国生産を検討中だ。
日本の「お家芸」ともいえる産業用ロボットは、各メーカーがこれまで国内生産を貫いてきた。コア技量やノウハウが流出すれば、現下有している優位性が保てなくなるおそれがアルからだ。
豊富で安価な勤労力を背景に世界の工場へと成長した中国。経済成長に伴う人件費の高騰や、急速に進む生産年齢人口の減少によって製造現場での自動化や省人化の需要が右肩上がり。已に多量のロボットが導入されている日米欧と違い、中国ではこれから人間がロボットに置き換わる。成長市場としての魅力は大きい。
国際ロボット連盟は、15年に中国で導入されるロボットが3万5000台となり、世界最大の需要国となると予測する。
中国では納期1カ月というスピード勝負を要求されることもあり、納期短縮は必須。金額競争も厳しく、輸出では利得を生みにくい。技量流出リスクにおびえていてはビジネスの拡大が難しい。
■ファナックは国内堅持
日本だけでは無い。ドイツの大手メーカー、KUKA(クカ)も今年中にロボット生産を開始する。
いち早く中国生産に踏み切り成功しているのがスイスのABB。中国生産を拡大してきた欧州系自動車メーカーに呼応し、10年以上前から上海で現地生産に取り組んだ結果、中国でシェアトップを走る。多品種のロボットを生産する中国は、今や同社の海外生産の中心だ。
一方、国内生産にこだわるメーカーもアル。最大手のファナックは山梨県の本社工場にロボット生産を集約。工程の自動化を徹底することで高い競争力を保つと同時に、技量流出を防ぐ狙いがアル。
もちろん、中国生産に踏み切ったメーカーも技量流出対策を取っている。安川電機は部品の内製率を8割まで高めることで製造コストを抑え、コア技量も囲い込む。
今後、中国での主戦場と目されるのは、製造ラインへのロボット導入が進んでい無い地場の自動車関連メーカー。完成車メーカーもさることながら、自動車部品メーカーに至っては、「ロボット勢力図」はまだまっさらといってイイ。
「生産技量力が未熟な地場の自動車関連メーカーは、日欧のロボットメーカーにとってチャンスだ」(みずほコーポレート銀行産業調査部の上田洋一郎調査役)。陣取り合戦はまさにこれから本格化する。
リスクを覚悟し、中国で生産するのが正しいのか。国内生産を堅持して戦うか。現時点での正解はわから無い。販売・サーヴィス体制の強化も求められることは必定。確実に言えるのは、成長市場の中国をめぐる争いが過熱するということだ。
(週刊東洋経済2013年2月23日号)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
マザーマシン難攻不落の地、米国へ日本のマザーマシンが集結する見本市が開幕中台韓勢に打ち勝つ、マザーマシンの突破口ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");コメント0



【2013年注目すべきJ-POP】AZUMA HITOMIが奏でる新世代のマシンポップ!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fukuryu/20130224-00023610/




※当記事の著作権は記事元に帰属します。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

プロフィール

Log net

Author:Log net
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム

アクセスランキング

3D球体タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。